FC2ブログ

2019年に読んだ本 おすすめ約10冊

昨年はお世話になりました。


ふりかえると、新しい環境に慣れず、創作活動がおろそかになっていた日々でしたので、

2020は気合いを入れて書いていきたいと思います。


さて、きょうは2019年に読んだ本の中で、おすすめ約10冊を紹介していきます!!


① エリック・R・カンデル (著), 高橋洋 (翻訳)、なぜ脳はアートがわかるのか ―現代美術史から学ぶ脳科学入門― (2019)


わたしたちの脳はアートをどのような仕方で認識しているのでしょうか。アートが美しいと思う要因には、色のきれいさ、形の美しさ、モチーフに対する知識、などがあると思いますが、それらのうちから二次的なものを抜き取ったら……つまりアートを感じる脳の作用の最小限の単位は何か?これを実践してきたのが現代アートの歴史であると著者は言います。これはいうまでもなく現代科学が歩んできた「還元主義」の考え方に通じるものがあり脳科学者である著者がその両者を結びつけて新しい視座を与えてくれます。

 

② 藤田 博司、「集合と位相」をなぜ学ぶのか ― 数学の基礎として根づくまでの歴史(2018)


物事を「なぜ学ぶのか」という問いには、①どうしてそれに興味を持ったか、という側面と②それを学ぶことによってどのような応用ができるのかという二面があると思いますが、この本は①からスタートして②へとスムーズに議論が進み、読者にとっての、「なぜなのか」という疑問とその解説が途切れることがないところが、数学入門書としては素晴らしいと思います。

 

③ 三中 信宏、分類思考の世界(2009)


フィロカルチャー2019春夏号でも取り上げた内容です。自然科学の目線で「ものを分類する」というとき、あたかもその分類がはじめからそこにあって、それを発見するという仕方で描かれることが多いですが、実際にはそのような分類が保証されているわけではなく、分類とは分類者の側の視点を表しているにすぎないのではないか?そして、それを私たちは自覚的であるべきなのではないかという、これからの時代に必須の書でした。

 

 

④ 横幕智裕  (著), モリタイシ  (著)、ラジエーションハウスシリーズ (2016~)


これは単純にわたしの好みで、知識を持った主人公がそれを駆使して問題解決をしていくというものです。好きなストーリー、好きな絵です。

 

⑤ 江崎 道朗、日本は誰と戦ったのか - コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ (2019)


戦後、何かにつけて「日本が悪かった」とこき下ろす「東京裁判史観」が横行していました。もちろん日本の選択の一つ一つを検討して悪いところは改めるのも大事ですが、真実を明らかにするには、その他の要因もなかったのかについてもちゃんと検討すべきでしょう。これまで、共産圏の裏工作である「コミンテルンの罠」が噂されていました。近年、米国で大戦時の機密文書のひとつであるヴェノナ文書が公開され、当時米国に入り込んでいたスパイが誰だったのかの解析(暗号解読)が進められています。その結果、コミンテルンが日米が戦争に向かうように裏工作を進めていたことは現実であったことがわかりました。これからの日本人にとって、本当は誰と戦っていたのかを知ることが大事だとわかる一冊です。

 

⑥ ノマド・ワークス、中学レベルからはじめる! やさしくわかる統計学のための数学 (2019)


統計の本を読むと、いつも帯に短し襷に長しといった具合でなかなかいい本に巡り会えません。特に高校数学から連続的に学べるような本に乏しい。その点この本はその垣根の低い本です。確かに数学を学んでこなかった人には少しだけ垣根が高いかもしれませんが、高校数学を受験のやり方でやって来た人のバックグラウンドにはベストマッチする本だと思います。

 

 

⑦ 実験医学6月号、11月号



物事が発見され、整理されていく過程では、はじめに二項対立や順序だてて分かりやすい理論が骨組みとして組み立てられ、そこからいわば「例外」が発見されていく過程を経て、理論が広がっていきますが、(分子)生物学でも同じこと、これらはこれまでの常識を覆す最先端の理論を紹介しています。常識を覆すといっても、全てを否定するわけではありません。これまでの常識を包括するような理論へと拡張していくのです。性は男と女の二項対立からひろがりを見せていますが、男/女を否定するのではなく、概念を拡張していくことが求められると思っています。

 

 

⑧ 山本 啓一、老化と脳科学 (2019)

 

ともかく参考文献がしっかりしている老化の本です。最新情報がアップデートされていて、しかもわかりやすい。老化について考えたい人にはおすすめ。

 

 

⑨ 小関 尚紀、世界一わかりやすい「ゲーム理論」の教科書 (2013)


ゲーム理論とは、いわば「駆け引き」を扱う数学の(経済学の)一分野で、企業の経営戦略の選択にかかわるものです。競合他者がどのようなシェアを占めている場合に自社はどのように動くのか、この簡単なモデルケースをストーリー仕立てで楽しめる一冊となっています。(教科書と銘打っていますが、小説です)。Amazon Unlimited で年末ギリギリに読みましたが、単純に面白かったのでここに滑り込み~。

 

⑩ 電気機関車面縦図録(2019)

かどくらひめさんの作品

かどくらひめさんのTwitter@Girlyanimal)より

面縦、貨物の2つをテーマにしたマニアックな鉄道写真集。

昨年はじめてコミティアに出店しましたが、この本の作者、かどくらひめちゃんとは別々にアプライしたにも関わらず、隣同士の席になるという偶然がありびっくりしました。


そのときに、出品したわたしの本『あたらしい「わたし」の生き方 ①』はこちらからご購入下さいね!!


あたらしい「わたし」の生き方_サムネ


それでは、2020年もよい年にしましょう~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する